副作用は大丈夫?

プエラリアミリフィカの副作用について解説しています。実際のところ危険性はないの?

知っておきたいプエラリアの副作用のホント

知っておきたいプエラリアの副作用のホント

プエラリアの副作用について、知っておきたい知識をまとめています。

女性の強い味方であるプエラリアですが、副作用についても、事前にきちんと知っておきたいですよね。

そこで、プエラリアの過剰摂取などによる副作用の報告例などを紹介していきます。

まず、プエラリアに含まれている植物性エストロゲンは合成ホルモン剤ではないので、危険性はとても少ないです。

しかし、手軽に利用できるサプリメントとは言え、100%副作用がないとは言い切れないことも知っておくべきでしょう。

プエラリアによる副作用の報告としては、頭痛、吐き気、生理不順、吹き出物などの症状が出たケースがあるそうです。

プエラリアには女性ホルモンに作用する成分が豊富に含まれているため、過剰分泌やバランスの乱れによって、これらの症状が出たと考えられます。

また、長期的に過剰摂取することで、わずかではありますが、子宮がんや乳がんの発生のリスクが上がるといわれているようです。

プエラリアの副作用について知り、少し不安に感じてしまった方もいるかと思います。

しかし、プエラリアの摂取による重篤な副作用の報告は、実のところ今までに1度もないそうです。

それに、摂取目安量や注意点を守っていれば、プエラリアの副作用を心配する必要は特にないでしょう。

また、タイでは長期的に摂取する場合は1日100mgと言われていますが、バストアップ目的などの限られた期間で飲む場合は、1日の量をそこまで気にせずとも大丈夫です。

プエラリア摂取で考えられる副作用はある?

プエラリアを摂取した場合に、人によっては副作用が出てしまう人もいます。頭痛や吐き気、腹痛、吹き出物、肌荒れ、生理不順、太りやすくなるなどいった症状があります。副作用といってもほとんどが軽いものですが、あまりに辛く精神的にストレスになるのであれば、服用を中止しましょう。副作用があるということは、見方を変えれば効果が高い証拠とも言えます。副作用には個人差があるので、自分の体調などに合わせて、飲むようにしましょう。

なぜプエラリアで副作用が現れるのか?

プエラリアとは成分の名称ではなく、植物名です。タイやミャンマーでしか自生していない、大変貴重な植物です。このプエラリアは植物性エストロゲンを多く含みます。植物性エストロゲンは、女性ホルモンのエストロゲンとよく似た作用をしており、女性ホルモンが減少した場合に起こりうる不調を、改善してくれる働きがあります。植物性エストロゲンが良い効果があるからと言って、プエラリアの過剰摂取は禁物です。プエラリアを過剰摂取してしまうと、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が過剰になり、もう1つの女性ホルモン「プロゲステロン」とのバランスが崩れてしまいます。こうしてバランスを崩してエストロゲンだけ増えてしまうと、様々な副作用を引き起こしてしまいます。

プエラリアで副作用起こった時の対処法

プエラリアを服用していて、副作用が起こったときの対処法をご紹介します。生理不順、抜け毛が増えてきた、頭痛が酷い、イライラがずっと止まらないといった副作用が出たら、一度服用を中断するか、プエラリアの摂取量を減らし様子を見てみましょう。また、プエラリアを空腹時に服用すると、吸収率が高まるので高い効果を期待できる反面、効果があり過ぎて副作用に繋がるというパターンもあります。副作用が出る原因は、エストロゲンの分泌量が増えすぎているという可能性もあります。販売元やメーカーにサプリ摂取方法について、確認してみるのも良い方法です。副作用に関することだけでなく、服用方法やアドバイスも聞くことができます。

プエラリアの服用で副作用を出さないためのポイント!

安全性の高いものを選ぶ

最近ではプエラリアの高い効果が注目されているので、サプリメントを製造している企業も増えてきました。そんな中で、売上げ重視するため質の低いサプリメントを製造し販売している企業もあります。こういったサプリメントは成分も期待できないので、場合によっては副作用を起こしてしまうので注意して選ぶようにしましょう。

初めて服用する場合は少量ずつ摂取する

初めてプエラリアを服用する人は、少量ずつ摂取するようにしましょう。徐々に体にプエラリアの効果を慣らしていくことで、体が変化についていけるようになります。一週間程度少量で様子を見てみて、徐々に規定量まで摂取量を増やしていくと、副作用を避けることができます。

生理中の摂取は控える

生理中にプエラリアの服用はしないようにしましょう。その理由は、女性は生理日に近づくにつれて、エストロゲンの分泌が少なくなり、プロゲステロンの分泌が増えていき体の中でホルモンバランスの動きが激しくなります。そんな時期にプエラリアを摂取すると、ホルモンバランスが崩れやすくなるので、副作用が出る可能性が高くなります。

ピルと併用はしない

ピルは、避妊効果や月経前症候群(PMS)の症状緩和を目的とした薬で、女性ホルモンのコントロールをすることでその効果を高めています。プエラリアは、女性ホルモンのエストロゲンを分泌するものなので、両者を併用するとホルモンバランスが崩れてしまいます。バランスが崩れると副作用が出るので、様々な危険性が高まります。自分が現在服用している薬がある場合は、担当の医師とよく相談するようにしましょう。

プエラリアの摂取に注意が必要な人とは?

プエラリアには、女性ホルモンに似た働きを持つ植物性エストロゲンが多く含まれているため、摂取に際して注意が必要な人もいます。

妊娠中や授乳中の人、10代の人は、プエラリアの摂取を控えた方が良いでしょう。

妊娠中や授乳中は、副作用のリスクが高まる可能性があるそうです。

女性ホルモンの分泌が十分足りている10代の人も、ホルモンの過剰分泌によって生理不順などになる恐れがありますのでご注意を。

また、ピルを飲んでいる人、子宮筋腫や子宮内膜症にかかったことのある人などは、服用前に医師や薬剤師に相談することをオススメします。

 
BEST3RANKING
ナチュラルプエラリア
no2
ナチュラルプエラリア
1日あたりの価格
290円
プエラリアの含有量
300mg
一緒に摂れる美容成分
10種類以上
豚プラセンタ/マカ/ロイヤルゼ リー/大豆イソフラボン/アキョ ウコラーゲン/ハトムギほか

※キャンペーン価格での算出となり、
詳しくは公式サイトでご確認ください。

詳細はこちら
ベルタプラエリア
no3
ベルタプエラリア
1日あたりの価格
330円
プエラリアの含有量
400mg
一緒に摂れる美容成分
4種類
ヒアルロン酸/プラセンタ/ザク ロ/コラーゲン

※キャンペーン価格での算出となり、
詳しくは公式サイトでご確認ください。

詳細はこちら
プエラリアサプリ RANKINGはコチラ